不動産を高く売りたい!

2つの不動産売却方法

不動産売却の方法には2つの選択肢があり、一方は業者が直接物件を買い取る『買取』という方法で、もう一方は業者に依頼をして買い手を探してもらう『仲介』の2つがあります。

 

それではそれぞれのメリットとデメリットを確認していきましょう。

 

【買取のメリット】
・買い手が既に決まっているので時間がかからない
・100%買い取ってもらえる
・手数料いらず

 

【仲介のメリット】
・売却価格が高い
・自分で探す手間が省ける

 

 

【買取のデメリット】
・売却価格が安い

 

【仲介のデメリット】
・売れ残る可能性がある
・手数料がかかる

 

ここまで見ていくと買取での売却方法の方がメリットも多く、デメリットも少ないのですが、どしても売却価格が下がってしまうという大きなデメリットが目立ってしまいます。より確実に売却をしたいと言う場合には買取はオススメですが、時間に余裕があるのであれば、より高額に売却することのできる仲介もオススメです。

 

不動産会社に不動産を売りたい!と言う方は、不動産一括査定で一度に複数の業者に買い手となってもらえないかの依頼をしてみると良いでしょう。

自然エネルギーの比率は年々高まっている。
これは諸外国でも同じである。
ひとつには、環境意識の高まり、もう一方には、環境技術の発展がある。
よく知られてはいないが、潮流発電の技術の発展は目覚ましいものがある。
発電方法も様々で、海に面した国、例えばイギリスなどでは非常に研究が進んでいる。
だが、日本ではあまり陽の光が当たっていない感がある。
四方を海に囲まれた日本だからこそ、潮流発電に力をいれて頂きたいものなのだが。
やはりスポットのあたる分野は、それなりに利権のある分野なのだろうか。
国の施策決定の過程が見えにくいから、本当に効率的なお金の使い方がなされているか、
わからないのである。
また、新しい技術は確立した技術と違って評価が困難である。
その技術を評価し、そこに資金を集約することを決めるのは難しい。
素人が将来の可能性をふまえて決定することは困難だし、技術者どうしの確執もあるからである。
その点、太陽光発電のように一定の技術が確率されている自然エネルギーは、
普及へアクセルを踏むことも難しくない。
ただ、リアルな費用対効果をきちんと計算するような第三者が必要だと思う。

太陽光発電の設備、耐用年数は

続きを読む≫ 2014/10/24 16:39:24

仕事場で円滑な人間関係を築くコツのひとつとして「出来ない顔をしておく」という方法があります。
たとえあなたが優秀であっても、むしろ優秀ならばこそ「出る杭は打たれる」の精神で打たれないよう努めるべきです。
「出来る顔」をしていると人によっては可愛げがないと受け取りますし、また別の人によっては自分を見下しているように受け取ってしまいます。
円滑な人間関係はそれでは構築できません。
「出来る顔」をすることは自己顕示欲を感じさせるもの。
やはりあえて「出来ない顔」をする方がずっと親近感があって何より“助けてあげよう”と思わせます。
つまり一人で仕事を背負うこともぐんと減るのです。
もちろんやりすぎは禁物。
理想としては「能ある鷹は爪を隠す」状態です。
そう考えればプライドは邪魔もの以外の何物でもないことがわかると思います。

続きを読む≫ 2014/10/24 16:39:24